聖書

信仰とは?

  1. HOME >
  2. 聖書 >

信仰とは?

1、イエス・キリスト信じる信仰ではなく、イエス・キリスト信仰です

● クリスチャンであるわたしたちの信仰の対象はイエス・キリストを信じる事でしょうか?

もちろん初心者においては間違いではないです。しかし、聖書を読むにしたがって成長して行きますと大事なことに気づきます。

キリストであったイエスが信じていたのは誰しょうか?
それは父なるでしたね。

だからイエスの心は常に神に向き、思うのはいつも神であり 神を信頼して、神に忠実であり、神に従い、ついには神の盃(十字架)を飲みました。 ルカ22:42 ヨハネの福音書17章で、十字架に架かる前にイエスは神に祈りました。
なんと祈りましたか?

わたしたちが一つであるように、彼らも一つになるためです。ヨハネ17:11

私たちがイエスと一つに成るためにどうなれば良いですか?
それは、イエスが持っていた信仰をわたしたちも持つことです。
そうでなければ、私たちはイエスとひとつになれないのではないでしょうか?

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
では、信仰についてどう書いてあるのか、
日本語聖書英語の聖書を比較してみましょう。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

■   「それは、イエス・キリスト信じる信仰による神の義であって、すべて信じる人に与えられるものである。そこにはなんらの差別もない。」 
ローマ3:22 口語訳聖書

■ 「すなわち、イエス・キリスト信じることにより、信じる者すべてに与えられる神の義です。そこには何の差別もありません。」
ローマ3:22 新共同訳聖書

■ 「すなわち、イエス・キリスト信じる信仰による神の義であって、それはすべての信じる人に与えられ、何の差別もありません。」
ローマ3:22 新改訳聖書

多くの日本語訳聖書はこのような翻訳ですので、信仰はイエス信じることだと思ってしまいました。 要するに、イエスキリストを行為の対象とする目的格として訳すのでこのようになってしまっています。(詳しくは上記で示しました、日本基督教団:高砂教会牧師の書かれた文書をご覧いただけると嬉しいです)

■しかし、英語聖書は、

「Even the righteousness of God which is by faith of Jesus Christ unto all and upon all them that believe: for there is no difference:」
‭‭Romans‬ ‭3:22‬‬  KJV聖書

上記のように、faith of Jesus Christであり、 すなわち、< イエスキリスト信仰 によった神の義 >   となります。

■ 別の英語聖書では、

「even the righteousness of God, through faith in Jesus Christ, to all and on all who believe. For there is no difference;」 ‭
‭Romans‬ ‭3:22‬‬  NKJV聖書

上記のように、faith in Jesus Christであり、 すなわち、< イエスキリストの中の信仰を通した神の義 >  となります。

■ 日本語聖書の中でもあまり知られていない回復訳聖書は以下のように正しく訳していることが判ります。

「すなわち神の義は、イエス・キリスト信仰を通して、信じるすべての人にもたらされました.そこには何の差別もありません。」
ローマ3:22 回復訳聖書

要するに、
❌< イエス・キリスト を 信じる信仰 >
は、日本語聖書の誤訳であり、
⭕️< イエス・キリスト の 信仰 >
あるいは、
⭕️< イエス・キリスト の中の 信仰 >
が、正しい本来の意味なのです。

もっと正確に言えば、

⭕️ イエス・キリストが持っている信仰です。
日本語聖書と英語聖書では意味が全然違う事に気づきますね。

イエス様は神に対する強い信頼や忠誠心をお持ちだったのです。それと同じ信仰を私たちも持ちたいと願い祈ります。 そうして私たちもイエスと一つになることを望み信じます。

2,信仰は神からの恵みです。

★ また別の視点からガラテヤ5:22-23を見ると日本語聖書には、信仰:Faithが、誠実や忠実と訳されている事に気づきます。それはそれで悪くありませんが信仰が恵みであることに気づきにくくしています。

「これに対して、霊の結ぶ実は愛であり、喜び、平和、寛容、親切、善意、誠実、 柔和、節制です。これらを禁じる掟はありません。」
‭‭ガラテヤの信徒への手紙‬ ‭5:22-23‬‬  新共同訳聖書

「しかし、御霊の実は、愛、喜び、平和、寛容、慈愛、善意、忠実、 柔和、自制であって、これらを否定する律法はない。」 ‭‭
ガラテヤ人への手紙‬ ‭5:22-23‬‬ 口語訳聖書

しかし、英語聖書では、

「But the fruit of the Spirit is love, joy, peace, longsuffering, gentleness, goodness, faith, Meekness, temperance: against such there is no law.」
‭‭Galatians‬ ‭5:22-23‬‬  KJV聖書

「But the fruit of the Spirit is love, joy, peace, longsuffering, kindness, goodness, faithfulness, gentleness, self-control. Against such there is no law.」 ‭‭Galatians‬ ‭5:22-23‬‬   NKJV聖書

ごらんのように明確にFaithと書いています。

もちろんFaithを信仰と訳すだけが正解ではありませんので日本語聖書が間違っているとは言いません。

しかし私は、信仰も霊の実なんですよと言いたいのです。信仰も神からの恵みなのですよと伝えたいだけなのです。

要するに、理屈を超えた信頼・誠実・信仰はイエスキリストご自身の中にあるのです。

Faithはイエスキリストの中にあります。 私たちもキリストの霊である聖霊が与える恵みの賜物として、信仰・誠実・忠誠・信頼心を願い祈り受け取りましょう。

すると彼はわたしに言われました、「わたしの恵みは、あなたに対して十分である。 2コリント12:9

 

大事なことですから重ねてもう一度いいます。

私たちがイエスと一つに成るためにどうなれば良いですか?
それは、イエスが持っていた信仰をわたしたちも持つことです。
そうでなければ、私たちはイエスとひとつになれないのではないでしょうか?

それは、あなた(神)がわたし(イエス)を愛してくださった愛が彼らの中にあり、わたしも彼らの中にいるようになるためです。ヨハネ17:26後

アーメン

  • この記事を書いた人
アバター

Roses Church

ローゼス教会はあるひとりの人への夢で啓示されました。彼の夢の中には、体育館のような広い部屋の中央に大きなアメリカンサイズのゴミ箱がありました。その中には沢山の赤い薔薇の花が一本ずつ丁寧に透明なラップでくるまれてありました。彼は夢の中で急いでいました。彼は名簿を渡されていました。名簿からひとりの名前を見つけると、彼は走ってその大きなゴミ箱へ向かいました。その探さなければならない名前のバラを見つけるとそのバラを取り出して別のテーブルに並べます。そして次の名簿の人をゴミ箱から探します。そのバラをまたテーブルへ並べます。そして次の人です。何百人ものバラを並べていると天から声がしました。『もう時間がありません。もうありません!!』はっとしてロバートは目が覚めました。そして彼は神に祈りました。この夢はなにですか? 答えが来ました。ゴミ箱は西成です。急がなければならないのはキリストの再臨がもうすぐそこまで来ているからです。だからあなた達はそこでたくさんのバラをみつけなさい。そうして複数の薔薇の花を意味するローゼスチャーチと命名されました。バラにはトゲがあります。しかし私たちはトゲに注目せずに美しい薔薇の花を見て神様が連れて来られる平安の子らを集めるのです。ローマ10:13 なぜなら、「主の御名を呼び求める者はすべて救われる」からである。啓示のとおり大きな祝福がこの地にあることを信じます。偉大な主を心から賛美いたします。主イエス・キリストの再臨の日はもうすぐそこまで来ています。ゆえに携挙(ラプチャー)も近いのです。

-聖書

© 2022 ローゼス教会 Powered by AFFINGER5