戦争 聖書

聞きたくない神の言葉

  1. HOME >
  2. 戦争 >

聞きたくない神の言葉

聖書にはわたしたちが聞きたくない言葉がたくさん書かれています。それは本当のことだからです。

あたかも現代の世の風潮に流されている私たちに挑戦するようです。 しかし、神を信じる人は耳が痛くなります。心を刺されます。それはあなたの中の神の聖霊があなたを刺すからです。

多くの人は、他人と自分を比較して安心します。「私は彼よりもマシだ」「私は彼女よりもまともだ」しかし、神の目からあなたは有罪です。神はあなたを神の聖さと比べられるからです。

神様は私たちに求めます。聖なる生活をしなさい。悔い改めなさい。生きている神が存在する事実を知りなさい。と、迫られています。

 

バカやろう、まぬけ、と言うのは良くないこと?

マタイ5:22- しかし、わたしは言っておく。兄弟に腹を立てる者はだれでも裁きを受ける。兄弟に『ばか』と言う者は、最高法院に引き渡され、愚か者』と言う者は、火の地獄に投げ込まれる。

   

● 神がいるのに戦争はなぜ起こるの? 神がいるならなぜ戦争は起こるのですか? と、あなたは疑問に思いますか? 

神が戦争を許されていると思うのですか? 

違います。人間の欲望が争いを生むのです。

神は言われています。

マタイ5:21 昔の人たちに、『殺してはならない.だれでも殺す者は、裁きを免れない』と言われたことを、あなたがたは聞いている。

● だから違反しているのは人間です。人間の欲望が争いを生みます。

ヤコブ4:1- あなたがたの間の戦いと争い、どこから来るのですか? それらはほかでもなく、あなたがたの肢体の中で戦う快楽からではありませんか? あなたがたは、むさぼりますが得られません.あなたがたは人を殺し、またねたみますが、獲得することができないので、争ったり戦ったりします。あなたがたが得ることがないのは、求めないからです。 さらに言われます。 エペソ4:31 すべての無慈悲憤り怒り騒ぎそしり、また、いっさいの悪意を捨て去りなさい。

エペソ4:26- 怒ることがあっても、罪を犯してはならない憤ったままで、日が暮れるようであってはならない。 また、悪魔に機会を与えてはいけない

● 怒り続けると戦いになってしまいます。だから赦しなさいとイエスは言われます。

 2テモテ2:23 愚かで無知な議論を避けなさい。あなたも知っているとおり、そのような議論は争いのもとになります。

次のように書いてあるとおりです。 「正しい者はいない。一人もいない。 悟る者もなく、 神を探し求める者もいない。 皆迷い、だれもかれも役に立たない者となった。 善を行う者はいない。 ただの一人もいない。 彼らののどは開いた墓のようであり、 彼らは舌で人を欺き、 その唇には蝮の毒がある。 口は、呪いと苦味で満ち、 足は血を流すのに速く、 その道には破壊と悲惨がある。 彼らは平和の道を知らない。 彼らの目には神への畏れがない。」
 ‭‭ローマの信徒への手紙‬ ‭3:10-18‬‬    

 

快楽に生きることは良くないこと?

ヤコブ4:3- 求めても得られないのは、自分の快楽のために費やそうとして、悪い求め方をするからです。

コリント16:9-10 それとも、正しくない者が神の国をつぐことは無いのを、知らないのか。まちがってはいけない。不品行な者、偶像を礼拝する者、姦淫をする者男娼となる者男色をする者、盗む者、貪欲な者、酒に酔う者、そしる者、略奪する者は、いずれも神の国をつぐことはないのである。

1テモテ 1:9-10 すなわち、次のことを知って用いれば良いものです。律法は、正しい者のために与えられているのではなく、不法な者不従順な者不信心な者罪を犯す者神を畏れぬ者俗悪な者父を殺す者や母を殺す者人を殺す者、 みだらな行いをする者男色をする者誘拐する者偽りを言う者偽証する者のために与えられ、そのほか、健全な教えに反することがあれば、そのために与えられているのです。

● だから、さらに神は私たちに言及します。

エペソ4:19- 自ら無感覚になって、ほしいままにあらゆる不潔な行いをして放縦に身をゆだねている。

● そうですね。快楽におぼれている時は無感覚になっているのかもしれません。自分の欲求を満たすことだけで頭の中がいっぱいになっています。

エペソ5:3- また、不品行いろいろな汚れ貪欲などを、聖徒にふさわしく、あなたがたの間では、口にすることさえしてはならない。

● さらに欲が汚れてどん欲になります。そして不品行なことでも欲を満たすためにやってしまうのが人間です。 じぶんだけよければ良いという自己中心が悪です。

エペソ5:6- あなたがたは、だれにも不誠実な言葉でだまされてはいけない。これらのことから、神の怒りは不従順の子らに下るのである。 だから、彼らの仲間になってはいけない。  エペソ5:12- 彼らが隠れて行っていることは、口にするだけでも恥ずかしい事である。 

エペソ5:17- だから、愚かな者にならないで、主の御旨がなんであるかを悟りなさい。 

コロサイ3:5- だから、地上的なもの、すなわち、みだらな行い不潔な行い情欲悪い欲望、および貪欲を捨て去りなさい。

ヤコブの手紙‬ ‭1:14-15‬‬ むしろ、人はそれぞれ、自分自身の欲望に引かれ、唆されて、誘惑に陥るのです。 そして、欲望ははらんで罪を生み、罪が熟して死を生みます。

● サタン達はあなたの最も弱い所をとてもよく知っていて、そこを突いて誘惑してきます。

特にあなたが一人の時に、あなたの思考の中に侵入して来ます。あなたが気がつくと、あたかも自分自身の考えであるかのように思うのです。だから、あなたの思考の場があなたとサタン達の戦場なのです。それに気づいてあなたが戦わなければサタンの勝利です。どうやって勝ちますか? それは聖書の御言葉で戦うのです。

サタンの目的は、私達を霊的に傷つけて汚して犯して殺して地獄に送る事です。実際でも姦淫の罪や殺人や自殺に追い込みます。

 

お金を求めて自由になりたい

1テモテ6:0\9 金持ちになろうとする者は、誘惑無分別で有害なさまざまの欲望に陥ります。その欲望が、人を滅亡と破滅に陥れます。 6:10 金銭の欲は、すべての悪の根です。金銭を追い求めうちに信仰から迷い出て、さまざまのひどい苦しみで突き刺された者もいます。 

1テモテ 6:17 この世で富んでいる人々に命じなさい。高慢にならず不確かな富に望みを置くのではなく、わたしたちにすべてのものを豊かに与えて楽しませてくださる神に望みを置くように。 

ヤコブ 5:5 あなたがたは、地上でぜいたくに暮らして快楽にふけり、屠られる日に備え、自分の心を太らせ、 5:6 正しい人を罪に定めて、殺した  

 

偶像を礼拝するとは?

コロサイ3:5後 どん欲は偶像礼拝にほかならない。 これらのことのゆえに、神の怒りは不従順な者たちに下ります。  エペソ5:5- あなたがたは、よく知っておかねばならない。すべて不品行な者汚れたことをする者貪欲な者、すなわち、偶像を礼拝する者は、キリストと神との国をつぐことができない。

偶像とは、人が勝手に作った神のことです。それを拝むのが偶像礼拝です。聖書はそれを汚れたことをする者、不品行な者、どん欲な者と呼んでいます。 偶像は、なんでもなります。例えば、大好で止められないマンガ、だいすきで止められないゲーム、大好きで止められない金儲け、中毒のように毎晩観るAVポルノ、時にはスポーツでさえ偶像になります、、、

なんでも偶像になってしまいます。大好きで止められないモノが神様よりも大きくなるときそれは偶像です。あるいは大きな悲しみで心が覆われてしまう時もその悲しみが偶像になってしまいます。怒りもそうです。恥もそうです。自殺を思うこともそうです。自殺したくてたまらないと言う人はサタンに支配されていることに気づかないと本当に死んでしまいます。それが偶像になっているのですから。

出エジプト20:4 あなたは自分のために、刻んだ像を造ってはならない。上は天にあるもの、下は地にあるもの、また地の下の水のなかにあるものの、どんな形をも造ってはならない。

出エジプト20:4-5 偶像を拝(おが)んではならない コリント16:9〜10 それとも、正しくない者が神の国をつぐことはないのを、知らないのか。まちがってはいけない。不品行な者、偶像を礼拝する者、姦淫をする者、男娼となる者、男色をする者、盗む者、貪欲な者、酒に酔う者、そしる者、略奪する者は、いずれも神の国をつぐことはないのである。    

お酒に酔うことは良くないこと?

エペソ5:18 酒に酔ってはいけない。それは乱行のもとである。むしろ御霊に満たされて、 詩とさんびと霊の歌とをもって語り合い、主にむかって心からさんびの歌をうたいなさい。

聖書は飲むなとは言っていませんね。しかし筆者であるわたし自身も意識を無くすまで飲み明かし、飲みだしたら止まらず自宅までどうやって帰ったかすら覚えていなかったことがあります。おろかな冗談と散財していました。しかしこれらの御言葉で目が覚めました。

1テモテ 3:3 また、酒におぼれ乱暴でなく、寛容で、争いを好まず、金銭に執着せず、

1テモテ 3:8 同じように、奉仕者たちも品位のある人でなければなりません。二枚舌を使わず、大酒を飲まず恥ずべき利益をむさぼらず、    

異性へのみだらな思いも、離婚も罪なの?

マタイ5:28 しかし、わたしはあなたがたに言う.だれでも情欲を抱いて女を見る者は、すでに心の中で姦淫を犯したのである。

マタイ5:32 しかし、わたしは言っておく。不法な結婚でもないのに妻を離縁する者はだれでも、その女に姦通の罪を犯させることになる。離縁された女を妻にする者も、姦通の罪を犯すことになる。」

1コリント 10:08 彼らの中のある者がしたように、みだらなことをしないようにしよう。みだらなことをした者は、一日で二万三千人倒れて死にました。

2ペトロ 2:13 不義を行う者は、不義にふさわしい報いを受けます。彼らは、昼間から享楽にふけるのを楽しみにしています。彼らは汚れやきずのようなもので、あなたがたと宴席に連なるとき、はめを外して騒ぎます。 02:14 その目は絶えず姦通の相手を求め、飽くことなく罪を重ねています。彼らは心の定まらない人々を誘惑し、その心は強欲におぼれ呪いの子になっています。   

 

この世や哲学が神への敵対?

ヤコブ4:4- 姦婦たちよ、あなたがたが世の友となるのは、神への敵対であることを知らないのですか? ですから、だれでも世の友であろうとする者は、神の敵になるのです。

コロサイ 2:20 あなたがたは、キリストと共に死んで、世を支配する諸霊とは何の関係もないのなら、なぜ、まだ世に属しているかのように生き、

コロサイ2:8 あなたがたは、むなしいだましごとの哲学で、人のとりこにされないように、気をつけなさい。それはキリストに従わず、世のもろもろの霊力に従う人間の言伝えに基くものにすぎない。 マタイ 12:36 言っておくが、人は自分の話したつまらない言葉についてもすべて、裁きの日には責任を問われる。

1テモテ 1:04 作り話切りのない系図に心を奪われたりしないようにと。このような作り話や系図は、信仰による神の救いの計画の実現よりも、むしろ無意味な詮索を引き起こします。 1テモテ 4:7 俗悪で愚にもつかない作り話は退けなさい。信心のために自分を鍛えなさい。

エペソ4:29 悪い言葉をいっさい、あなたがたの口から出してはいけない。 エペソ5:4 また、卑しい言葉愚かな話みだらな冗談を避けなさい。これらは、よろしくない事である。それよりは、むしろ感謝をささげなさい。

● 世の友とは、悪魔:サタンの支配するこの世のことです。そこで私たち人間はサタンの奴隷として(知らずに)活動しているのです。だからこの世に心を寄せる人たちは神の敵なのです。

 

おしゃべりな女

1テモテ 5:11 年若いやもめは登録(やもめとして登録)してはなりません。というのは、彼女たちは、情欲にかられてキリストから離れると、結婚したがるようになり、 5:12 前にした約束を破ったという非難を受けることになるからです。 5:13 その上、彼女たちは家から家へと回り歩くうちに怠け癖がつき、更に、ただ怠けるだけでなく、おしゃべり詮索好きになり、話してはならないことまで話しだします。

2テモテ2:16-17 俗悪な無駄話を避けなさい。そのような話をする者はますます不信心になっていきその言葉は悪いはれ物のように広がります

 

高慢な者、プライドの高い者

テモテ 6:3 異なる教えを説き、わたしたちの主イエス・キリストの健全な言葉にも、信心に基づく教えにも従わない者がいれば、 6:4 その者は高慢で、何も分からず、議論や口論に病みつきになっています。そこから、ねたみ争い中傷邪推、 6:5 絶え間ない言い争いが生じるのです。これらは、精神が腐り、真理に背を向け、信心を利得の道と考える者の間で起こるものです。

1テモテ6:20 あなたにゆだねられているものを守り、俗悪な無駄話と、不当にも知識と呼ばれている反対論とを避けなさい。 6:21 その知識を鼻にかけ、信仰の道を踏み外してしまった者もいます。恵みがあなたがたと共にあるように。 2テモテ 3:1 しかし、終わりの時には困難な時期が来ることを悟りなさい。 3:2 そのとき、人々は自分自身を愛し金銭を愛しほらを吹き高慢になり神をあざけり両親に従わず恩を知らず神を畏れなくなります。 3:3 また、情けを知らず和解せず中傷し節度がなく残忍になり善を好まず 3:4 人を裏切り軽率になり思い上がり神よりも快楽を愛し 3:5 信心を装いながら、その実、信心の力を否定するようになります。こういう人々を避けなさい。 

2テモテ3:6 彼らの中には、他人の家に入り込み愚かな女どもをたぶらかしている者がいるのです。彼女たちは罪に満ち、さまざまの情欲に駆り立てられており、 3:7 いつも学んでいながら、決して真理の認識に達することができません。 3:8 ヤンネとヤンブレがモーセに逆らったように、彼らも真理に逆らっています。彼らは精神の腐った人間で、信仰の失格者です 3:13 悪人や詐欺師は、惑わし惑わされながら、ますます悪くなっていきます。   

 

ニューエイジも良くないこと?

コロサイ2:18 偽りの謙遜天使礼拝にふける者から、不利な判断を下されてはなりません。こういう人々は、幻で見たことを頼りとし、肉の思いによって根拠もなく思い上がっているだけで、 頭であるキリストにしっかりと付いていないのです。 コロサイ2:22これらはみな、使えば無くなってしまうもの、人の規則や教えによるものです。 これらは、独り善がりの礼拝偽りの謙遜体の苦行を伴っていて、知恵のあることのように見えますが、実は何の価値もなく、肉の欲望を満足させるだけなのです。 

1テモテ 4:01 しかし、“霊”は次のように明確に告げておられます。終わりの時には、惑わす霊と、悪霊どもの教えとに心を奪われ信仰から脱落する者がいます。  

 

サタン達は神の許可を得て誘惑するか?

よくクリスチャンは言いますね。「すべては神様の許可されたことです」ほんとうですか?

サタンは神の許可を得てこの殺人犯罪をしますか? いいえ。神は禁止されました。

⭕️神は言われました。「殺してはならない。」サタンは違反しています。

また、人は酒に呑まれ、男でも女でも貫通の相手をむさぼり探します。街には不倫や性的犯罪が後を断ちません。

神はサタンに許可を与えましたか?

⭕️神は言われました。「姦淫するな。みだらな思いで女を見るものは既にその女を犯したのである」

だからサタン達は神に反抗しているのです。この世の支配者はサタンだからです。

神は言われました。

悪魔に反抗しなさい」ヤコブ4:7

人間には自由意志が与えられています。だから自分の意思でなにが正しいのか選ぶ必要があります。

そして、神を忘れていたなら神を知り、神に従って生きる道を選ばなければなりません。

私達は変化出来るのです。

テモテ6:18 善を行い良い行いに富み、物惜しみをせず喜んで分け与えるように。 06:19 真の命を得るために、未来に備えて自分のために堅固な基礎を築くようにと。 

1テモテ 6:11 しかし、神の人よ、あなたはこれらのことを避けなさい。正義信心、信仰、愛、忍耐、柔和を追い求めなさい。 06:12 信仰の戦いを立派に戦い抜き、永遠の命を手に入れなさい命を得るために、あなたは神から召され、多くの証人の前で立派に信仰を表明したのです。

テサロニケ5:16 いつも喜んでいなさい。 05:17 絶えず祈りなさい。 05:18 どんなことにも感謝しなさい。これこそ、キリスト・イエスにおいて、神があなたがたに望んでおられることです。 05:19 “霊”の火を消してはいけません。 05:20 預言を軽んじてはいけません。 05:21 すべてを吟味して、良いものを大事にしなさい。 05:22 あらゆる悪いものから遠ざかりなさい。 05:23 どうか、平和の神御自身が、あなたがたを全く聖なる者としてくださいますように。また、あなたがたの霊も魂も体も何一つ欠けたところのないものとして守り、わたしたちの主イエス・キリストの来られるとき、非のうちどころのないものとしてくださいますように。 

まとめ

わたしたち神を信じるクリスチャンは十字架を信じて信仰の入り口となりました。まだの人は十字架を受け入れ信じて下さい。種はまかれ御言葉で大きく育たなければなりません。赤ちゃんクリスチャンのままではいけません。成長して努力して固い食物を食べることのできるクリスチャンに成長し、命の実を食べようではありませんか。神はあなたが生きている間ならばあなたの改心を待っています。

イザヤ 59:1 主の手が短くて救えないのではない。主の耳が鈍くて聞こえないのでもない。59:2 むしろお前たちの悪が/神とお前たちとの間を隔て/お前たちの罪が神の御顔を隠させ/お前たちに耳を傾けられるのを妨げているのだ。

思いを神とその言葉に一致させるのです。

ローマ 12:1 こういうわけで、兄弟たち、神の憐れみによってあなたがたに勧めます。自分の体を神に喜ばれる聖なる生けるいけにえとして献げなさい。これこそ、あなたがたのなすべき礼拝です 12:2 あなたがたはこの世に倣ってはなりません。むしろ、心を新たにして自分を変えていただき、何が神の御心であるか、何が善いことで、神に喜ばれ、また完全なことであるかをわきまえるようになりなさい。

1ペトロ 1:13  だから、いつでも心を引き締め身を慎んで、イエス・キリストが現れるときに与えられる恵みを、ひたすら待ち望みなさい。 1:14 無知であったころの欲望に引きずられることなく、従順な子となり、 1:15 召し出してくださった聖なる方に倣って、あなたがた自身も生活のすべての面で聖なる者となりなさい 1:16「あなたがたは聖なる者となれわたしは聖なる者だからである」と書いてあるからです。

「お前たちはわたしの群れ、わたしの牧草地の群れである。お前たちは人間であり、わたしはお前たちの神である」と主なる神は言われる。」
エゼキエル書‬ ‭34:31‬‬

主とイエスとキリストの三位一体の神。人間を造った一つの神、唯一の神です。創世記1章にあるエロヒーム。最初から複数形の神なのです。

創世記1:1 はじめに神(ヘブル語で複数形:エロヒーム)は天と地とを創造された。

創世記1:26 神はまた言われた、「われわれのかたちに、われわれにかたどって人を造り、

創世記1:27 神は自分のかたちに人を創造された。すなわち、神のかたちに創造し、男と女とに創造された。


ヨハネの黙示録‬ ‭22:13‬‬ わたしはアルファであり、オメガである。最初の者にして、最後の者。初めであり、終わりである。


アーメン

  • この記事を書いた人
アバター

Roses Church

ローゼス教会はあるひとりの人への夢で啓示されました。彼の夢の中には、体育館のような広い部屋の中央に大きなアメリカンサイズのゴミ箱がありました。その中には沢山の赤い薔薇の花が一本ずつ丁寧に透明なラップでくるまれてありました。彼は夢の中で急いでいました。彼は名簿を渡されていました。名簿からひとりの名前を見つけると、彼は走ってその大きなゴミ箱へ向かいました。その探さなければならない名前のバラを見つけるとそのバラを取り出して別のテーブルに並べます。そして次の名簿の人をゴミ箱から探します。そのバラをまたテーブルへ並べます。そして次の人です。何百人ものバラを並べていると天から声がしました。『もう時間がありません。もうありません!!』はっとしてロバートは目が覚めました。そして彼は神に祈りました。この夢はなにですか? 答えが来ました。ゴミ箱は西成です。急がなければならないのはキリストの再臨がもうすぐそこまで来ているからです。だからあなた達はそこでたくさんのバラをみつけなさい。そうして複数の薔薇の花を意味するローゼスチャーチと命名されました。バラにはトゲがあります。しかし私たちはトゲに注目せずに美しい薔薇の花を見て神様が連れて来られる平安の子らを集めるのです。ローマ10:13 なぜなら、「主の御名を呼び求める者はすべて救われる」からである。啓示のとおり大きな祝福がこの地にあることを信じます。偉大な主を心から賛美いたします。主イエス・キリストの再臨の日はもうすぐそこまで来ています。ゆえに携挙(ラプチャー)も近いのです。

-戦争, 聖書

© 2022 ローゼス教会 Powered by AFFINGER5